中国のスマートフォン市場が急落の中Appleのシェアが拡大

中国のスマートフォン市場が急落の中Appleのシェアが拡大

中国のスマートフォン出荷台数は、過去10年間で最低の水準に落ち込んでいるが、Appleが依然として好調であることを示す兆候があります

日経によると、2022年上半期のスマートフォン市場の出荷台数は前年同期比21.7%減の1億3,400万台だったことが、中国情報通信技術研究院の発表で明らかになりました

日経が引用したCanalysのデータによると、Oppo、Vivo、Xiaomiなどの定評ある国内企業によるスマートフォン出荷台数の大幅な減少が示されています

中国でのスマートフォン所有率や、消費者がデバイスをアップグレードする頻度が減っていることなど、多くの要因がこの減少に寄与しています、新型コロナウイルスによる経済混乱も影響を及ぼしています

中国は世界最大のスマートフォン市場の1つであり、国内メーカーにとってもAppleなどの外国企業にとっても重要な地域です

スポンサーリンク


しかし、Appleが衰退しつつある中国のスマートフォン市場で、実際に地歩を固めつつある兆候があります

7月のCAICT月間データによると、主にApple製品からなる中国におけるスマートフォンの国際出荷台数は6月に350万台に達しました、これは過去の平均出荷台数である230万台を100万台上回っています

6月のAppleの出荷台数は、市場が縮小する中で前年比24%増加しています

Appleが中国やその他の地域で好調なのは、今年の現時点で異常なほどよく売れているiPhone 13ラインアップが要因のようです、中国などでのHuawei の衰退も一役買っています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)