Apple、iPhone 14の発売に向けサプライヤーを拡大

Apple、iPhone 14の発売に向けサプライヤーを拡大

サプライヤーを拡大

Appleは、この秋にiPhone 14を正式に発表すると予想されていることから、今後数週間以内にiPhoneシリーズの量産を開始する準備を進めています

しかし、Appleが供給問題に直面する中、Appleは次期iPhone 14のサプライヤーを拡大しました

アナリスト、Ming-Chi Kuo氏によると、SG Microの部品はiPhone 14のハイエンドモデルの品質認証に合格しています、このたびこの中国の集積回路専門企業は、AppleのiPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxに部品を供給するサプライヤーの仲間入りをすることになりました

Appleは今年のiPhoneにSG Microの電源管理IC (バッテリーとレベルシフタを管理する) を採用します、Kuo氏は、SG MicroがAppleのハイエンド製品に部品を供給するのは今回が初めてで、それによって中国企業の売上が増加し、iPhone 14の出荷台数にも良い影響が出るだろうと指摘しました

また、SG Microとの契約は、同社のチップの技術的能力が、より高価でハイエンドな電子機器に使われる部品に必要な「ティア1レベル」に達したことを示唆しているとも述べています

iPhone 14の出荷は遅れるのか?

今年5月にはNikkei Asiaが、中国でのCOVID-19のロックダウンによりiPhone 14の生産が三週間遅れると報じました

これらの報道は、アナリストのJeff Pu氏によって裏付けられ、iPhone 14 Max (iPhone miniに代わると考えられている新しい6.7インチミッドレンジモデル) が最も遅れの影響を受けていることを明らかにしています

さらに最近では、iPhone 14の大量生産によってAppleは供給上の問題に直面するだろうともKuo氏は述べています、しかし、同氏は、これらの問題が新型iPhoneの出荷台数に「限定的な影響」を与えると考えています

それでも、チップ不足が続いているため、iPhone 14の発売時点での在庫はかなり限られている可能性があります

(Via 9to5Mac.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)