Apple、中国でのiPhone販売が5月に大きく回復

Apple、中国でのiPhone販売が5月に大きく回復

中国のスマートフォン販売データは、AppleのiPhoneが5月に前年よりも好調で、総出荷台数も増加していることを示唆しています

AppleInsiderが入手した最新の投資家向けメモの中で、JP MorganのアナリストSamik Chatterjee氏は、中国情報通信技術研究院(China Academy of Information and Communications Technology)が公開した最新のスマートフォン出荷台数データを取り上げています

このデータは、iPhoneの販売台数が4月の落ち込みから回復し、過去の季節平均を上回って推移していることを示唆しており、JP Morganは、中国におけるCOVID-19の規制緩和への動きを示しているとしています

主にiPhoneモデルで構成される国際的なスマートフォンの出荷台数は、5月に前月比で147%増加しました、これは、前年同期比22%増という標準的な季節的上昇率を大幅に上回っています

2022年5月の海外出荷台数は420万台に達し、5月の過去平均の360万台を上回りました、Chatterjee氏によると、iPhoneの市場シェアは20%で、4月の9%から増加したと述べています

スポンサーリンク


Chatterjee氏によると、iPhone 13シリーズの国際出荷台数は4,060万台を記録しており、これは前世代の同時期の出荷台数よりも少なくとも11%多いとしています、ただし、iPhoneの出荷台数が前年同期比18%増だった2月と比べると、この強さは下回っています

中国のスマートフォン業界全体の出荷台数も、季節的平均を上回りました

携帯電話の総出荷台数は、4月から5月にかけて、前月比で15%増加しました、これは、通常の季節的な減少幅である5%を上回っています、しかし、Chatterjee氏はこのデータについて「CAICTのデータのかたよりや中国でのロックダウンからの再開による可能性があり、スマートフォン業界の持続的な上昇とは見なせないと考えている」と注意を促しています

(Via Appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)