サプライヤーによると、iPhone 14のセルフィーカメラはここ数年で最高のアップグレード

サプライヤーによると、iPhone 14のセルフィーカメラはここ数年で最高のアップグレード

Appleは新世代のiPhoneでカメラ体験を改善しているが、それが必ずしもハードウェアの変更につながるとは限りません、そして多くの場合、最も注目を集めるのはリアカメラです

これは、フロントカメラよりもハードウェアとソフトウェアのアップデートが頻繁に行われることを意味しています、しかし、さまざまな報道によると、iPhone 14ではセルフィーカメラが大幅にアップグレードされるとのことです

著名なApple InsiderのMing-Chi Kuo氏は、iPhone 14のセルフィーカメラのアップグレードに関する詳細を発表しました、もし彼の情報が正しければ、iPhone 14はここ数年で最も重要なセルフィーカメラのアップグレードとなります

現在のセルフィーカメラ

2019年にリリースされたiPhone 11は、最後の大規模なセルフィーカメラのハードウェアのリフレッシュをもたらしました

iPhone 11のフロントカメラには、AppleがiPhone 7以来使用してきた700万画素のセンサーに代わり、1,200万画素のセンサーが搭載されました、フロントカメラには、その間ずっと同じF値2.2の開口部が採用されていました

そして、現在のiPhone 13は、ハードウェアに関しては、依然として同じ12MPのf/2.2アパーチャカメラを搭載しています

スポンサーリンク


Appleは、セルフィー体験を向上させるために、何年にもわたってソフトウェアをアップグレードしてきました、iPhone 12では、写真のSmart HDR3やDolby Visionに対応したHDRビデオ撮影が追加されました

同じiPhoneの世代では、iPhone 12にナイトビジョンとディープフュージョンのサポートももたらされました、後継機では、セルフィーカムにシネマティックモードのビデオ撮影、写真にSmart HDR 4がもたらされました

2022 06 13 21 33 03

これらを踏まえると、AppleがiPhone 14シリーズでセルフィーカメラのハードウェアをアップグレードするとの報道は刺激的です

iPhone 14のセルフィーカメラの大型アップグレード

Kuo氏は数カ月前、このセルフィーカメラはオートフォーカスをサポートし、絞り値がf/1.9になると述べていました、iPhone 13のセルフィーカメラはフォーカスが固定されていて、f/2.2センサーを搭載しています

リーカーによると、オートフォーカスに切り替えることで、FaceTimeやビデオ通話、ライブストリーミングが改善されるととのこと、改善されたアパーチャは、ポートレートモードにおいてより良い浅い被写界深度効果を実現します

スポンサーリンク


Kuo氏は、iPhone 14のセルフィーカメラに部品を供給する様々な部品メーカーをリストアップしました

ソニーはセンサーを提供し、Geniusと Larganはレンズです、アルプスとLuxshareはVCMを分担して受注し、LG InnotekとCowellはCCM(コンパクトカメラモジュール)を提供する予定です

(Via GBR.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)