Apple、新しいAirPodsのベータ版ファームウェアを開発者向けにリリース

Apple、新しいAirPodsのベータ版ファームウェアを開発者向けにリリース

今週初めにiOS 16とmacOS 13の最初のベータ版がリリースされたのに続き、Appleは今度は新しいAirPodsのベータ版ファームウェアを開発者向けにリリースしました

AppleがAirPodsのベータ版ソフトウェアを公開するのは今回が初めてではありませんが、過去に一度だけ行われたことがあります

Appleは、開発者ポータルを通じて、新しいファームウェアのインストール方法を提供しています

AirPods Beta

基本的に開発者が行うべきことは、AirPodsをiPhoneにペアリングし、MacでXcode 14 betaを使って「AirPods Testing」セクションにある「Pre-Release Beta Firmware」オプションを有効にすることです

説明書によると、Xcodeでこのオプションを有効にしてからAirPodsがアップデートされるまで、最大で24時間かかるそうです、なお、AirPodsにベータ版ファームウェアをインストールするには、ペアリングされているiPhone、iPad、MacがiOS 16、iPadOS 16、またはmacOS 13を搭載している必要があるとのことです


もうひとつ注意すべきなのは、このベータ版ファームウェアが利用できるのは、第2世代のAirPods、第3世代のAirPods、AirPods Pro、AirPods Maxのみです

第1世代のAirPodsには、少なくともいまのところアップデートは提供されていません、今回のアップデートでは“Automatic Switchingの改良”以外に何が変わったのかも不明です

iOS 16には「Personalized Spatial Audio」という新機能が導入されており、iPhoneのTrueDepthカメラを使って空間オーディオの「パーソナルプロファイル」を作成するので、AirPodsの新ベータ版ファームウェアもこの機能に関連しているのかもしれません

(Via 9to5Mac.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)