Apple、「Final Cut Pro」コミュニティーからの書簡に応え、新たな行動計画に取り組む

Apple、「Final Cut Pro」コミュニティーからの書簡に応え、新たな行動計画に取り組む

2022年4月、100人を超える映画およびテレビ業界の人々が、「Final Cut Pro」に関する懸念を表明する公開書簡をTim Cook氏に送りました

具体的には、業界メンバーはAppleが同製品のパブリックマーケティングをより効果的に実施し、パブリックベータ版の公開など生活の質を向上させることを望んでいた。

本日、同社は返答を送り返しました

Apple、「Final Cut Pro」コミュニティーに対応

2022年4月、100人以上の個人がAppleに「Final Cut Pro」を支援してほしいと要請しました

その1カ月後、CCP.coの編集長Peter Wiggins氏は、Appleがコミュニティからの公開書簡に回答したと発表しました

Appleからの手紙は、最初の手紙の著者に挨拶し、彼らのフィードバックに感謝することから始まります、同社によると、Final Cut Proを使ってハリウッド映画からオンラインコンテンツ制作のビッグネームまで、さまざまなコンテンツが制作されてきたと述べています

同社はさらに、コミュニティーから要望のあった重要な機能に対応する計画を用意していると述べています、Appleはまた、コミュニティとの協働に関して、もっとできることがあると認識している、とも述べました、この点を考慮して、Appleは最初の書簡の問題に対処するためにいくつかのステップを実行していることを明言しています

スポンサーリンク


コミュニティで指摘されている問題のいくつかに対処するために、Appleは新しいトレーニング製品とApple認定のプロビデオ認定を発表しています、Future Media Conceptsと提携して、Appleのプロ向けビデオ・トレーニングが今月から開始の予定です

Appleは今夏から、業界の専門家で構成する協議会を設置し、定期的に協議するよていです、さらにAppleは、主要な映画やテレビ番組向けにコンテンツや「Final Cut Pro」のワークショップの頻度を増やすことも計画しています

変化への対応

Appleが書簡を締めくくるにあたり、Wiggins氏は、これが同社からの歓迎すべき回答であることを認めました、とは言えこの書簡には、ややあいまいな部分もあります

例えば、誰がパネルに参加するのか、具体的にどのような協議が行われるのか、かなり不透明です、しかし、これは同社にとってかなり印象的な動きです

手紙に返事を出しただけでなく、1ヶ月以内に作戦を立てることは、Apple側のコミュニティへのコミットメントを示しています

書簡に対するAppleの回答はこちらで読むことができます

(Via fcp.co.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)