AppleがiPhone用の宇宙衛星ネットワークを密かに起ち上げている可能性も

AppleがiPhone用の宇宙衛星ネットワークを密かに起ち上げている可能性も

低地球軌道(LEO)の衛星運営会社 Globalstarは今月、「Band 53の米国およびそれ以外の地域での展開を開始するために、グローバルな大規模顧客と契約書に署名した」と発表しました

この大規模なグローバル顧客は誰か?・・・噂では、Appleだと言われています

「これは重要な機会であり時間はかかるだろうが、成功への兆候です」とGlobalstarは、許可された場合にはより多くの情報を共有すると述べています

この発表は、Globalstarが、正体不明の「潜在顧客」が13基の新しい衛星の購入資金として3億ドル以上を投資したと発表してからわずか数カ月後のことです

Globalstar 002

Quartzが報じたところによると、噂では、これらの取引の背後にはAppleがおり、Globalstarを使って将来のiPhoneに衛星回線を提供することが目的だと言われています

Globalstarによると、同社は 「当社の資産とキャパシティの一部を利用した潜在的なサービスの評価に関連して」2020年からこの顧客と協力してきたと述べています

スポンサーリンク


2021年にBloomberg Newsは、Appleが同社のモバイル端末に衛星通信機能を搭載することを検討していると報じた匿名情報筋の話を引用しました

顧客が誰であろうと、彼らは潜在的なサービスの「評価」だけですでに4億3000万ドルを支払っているので、十分な資金を持っているに違いありません

Globalstarの独占的な電磁不動産は、地上波用に予約された周波数の近くに位置しています、この領域から利益を得ようとする過去の取り組みは、規制上の障害にぶつかったが、理論上は価値があります

手頃な価格の携帯電話を、基地局と衛星の両方にシームレスにリンクできる子とを約束しているので、「宇宙産業に携わっている人は、みんなこの周波数帯に目を輝かせる」と、Quilty AnalyticsのシニアアナリストのCaleb Henry氏は言います

(Via Quartz.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)