Apple,2023年のiPhone 15でLightningからUSB-Cに変更へ

Apple,2023年のiPhone 15でLightningからUSB-Cに変更へ

Appleは2023年後半に発売予定のiPhone 15ラインアップのすべて、あるいは一部のモデルで、独自開発のライトニングポートを廃止し、USB-Cに切り替えると、AppleのアナリストMing-Chi Kuo氏は述べています

iPhone 5の以来、Appleは、業界の大部分がUSB-Cに移行しているにもかかわらず、iPhoneに現在までLightningポートを維持してきました、今日のツイートでKuo氏は、最新のサプライチェーン調査がAppleが2023年にLightningを廃止してUSB-Cを採用することを示していると述べました

Kuo氏は、USB-CによってiPhone本体の転送速度が向上し、充電速度も向上するだろうと指摘しました

kuo氏は以前、Appleは「当分の間」iPhoneのLightningに固執すると述べ、USB-Cに切り替えるとAppleのMiFiビジネスに悪影響があり、防水仕様も劣るとしていました

現在、Appleはそのトーンを変えたと伝えられています、Appleの心変わりの理由として考えられるのは、EUからかけられている圧力です

スポンサーリンク


EUは、欧州で販売されるすべてのiPhone、iPad、AirPodsにUSB-Cを採用するようAppleに迫る新たな法律の成立に向けて前進を続けています

この法案が可決されれば、Appleは自社製品のUSB-C搭載モデルを特別に設計してヨーロッパに出荷し、それ以外の地域はLightningにとどめておくか、世界的にすべての製品にUSB-Cを採用する必要があります

Appleのラインアップの大半は既に、カメラなどのアクセサリからの転送速度を高速化するためにUSB-Cを採用しています

AppleがハイエンドのiPhoneで特に力を入れている、写真家や映画撮影監督にとって、Lightningポートは、大容量の動画や写真ファイルの転送でボトルネックになっています、USB-Cに移行すれば、そうした作業の流れが容易になり、ファイル転送が容易になるほか、より広範なUSB-Cアクセサリのエコシステムに対応することになります

当初の推測では、Appleは完全にポートレスにするまでライトニングポートを使い続け、充電やファイル転送はMagSafeに頼るのではないかと言われていました

MagSafeは2020年にiPhone 12と共に初めて導入されたので、iPhoneにとっては比較的新しい技術です、EUの圧力でAppleはポートレス化の時期を再考せざるを得なくなり、次期規制の対象になる可能性があることからiPhoneをUSB-Cに移すことを余儀なくされたのかもしれません

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)