Apple、「iCloud 書類とデータ」をiCloud Driveに統合完了

Apple、「iCloud 書類とデータ」をiCloud Driveに統合完了

昨年5月、AppleはiCloudの書類とデータサービスを2022年5月にiCloud Driveに統合すると発表し、その移行は完了しました

本日更新されたサポート文書「How to upgrade from iCloud Documents and Data to iCloud Drive」(日本語版は投稿時アップデートされていません)に書かれているように、以前iCloud書類とデータを使っていたユーザーは、ファイルを見るためにiCloud Driveをオンにする必要があります

従来のドキュメント同期サービスであるiCloudDocumentsand Dataは廃止され、iCloudDriveに置き換えられました。iCloudドキュメントとデータを使用した場合、アカウントはiCloudDriveに移行されています

iCloud書類とデータサービスを使用していた場合は、ファイルを表示するためにiCloud Driveをオンにする必要があります

iCloud Driveに切り替えても、保存済みファイルがiCloudで使用するストレージ容量は変わりません

Appleのサポートドキュメントでは、iOSデバイス、Mac、およびiCloud.comのWebサイト上のiCloud Driveの手順と最小システム要件について説明しています

スポンサーリンク


大部分のiCloudの作成者は既にiCloud Driveの作成者を有効にしているため、変化は感じられないと思われます

しかし、2014年のiCloud Driveの導入前にiCloudアカウントを持っていて、これを有効にしていなかったユーザー、おそらくiCloud DriveをサポートしていないiOS 8以前とOS X Yosemite以前のデバイスとの互換性を維持するために、ファイルへのアクセスを回復するためにこれを有効にする必要があります

以前のiCloud書類とデータサービスは、クラウド同期データを特定のアプリに固有のフォルダーに格納し、そのアプリからのデータへのアクセスのみを許可していました

iCloud Driveはフル機能の同期サービスで、今では1つの場所、iOSやiPadOSのFilesアプリ、macOSのFinderのiCloud Driveセクション、iCloud.comのiCloud Driveセクションからアクセスできます

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)