Apple、iPadの収益減は一部供給制約の結果であると発表

Apple、iPadの収益減は一部供給制約の結果であると発表

iPadラインは2022年第2四半期に76億5,000万ドルの収益をもたらし、2021年から前年同期比で減少しましたが、Appleはこれを需要不足ではなく供給の制約によるものだとしています

Appleは972億8,000万ドルの収益をもたらし、そのうちiPadは76億5,000万ドルに貢献しました、これは2021年第2四半期の78億ドルから減少しています

Appleの最高経営責任者を務めるTim Cook氏は、四半期ごとに行われた決算発表の電話会議で、Appleの売上高が減少していることに言及し、供給の制約が販売に影響を及ぼしていると指摘しました

同氏はiPad、特にM1プロセッサを搭載する新しいiPad Air 5に対する需要は依然として高いと主張しました

Cook氏によると、iPadのインストールベースは過去最高に達しているという。また、iPadを購入した顧客の半分は、初めてiPadを購入した人でした

2022 04 29 09 17 47
Appleがデータを提供している他のすべてのカテゴリでは、全体的な売上高が増加しています

スポンサーリンク


Appleはサプライチェーンに問題があったとしているが、COVIDのロックダウンが終了したことでタブレットの需要が低下したことや、潜在顧客がApple Siliconを搭載したMacに乗り換えたことなどの問題が考えられると述べています

Appleは、第3四半期は引き続き不明であり、多くの要因によりガイダンスを提供するのは困難であるとしています

COVIDはサプライチェーンに影響を与え続けており、紛争が続くことは同国での販売ができないことを意味します

iPadの売上が第3四半期に回復するかどうかは不透明です

(Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)