YouTuberが古い5K iMacをフル機能のStudio Displayに変身させる

YouTuberが古い5K iMacをフル機能のStudio Displayに変身させる

Appleの1,599ドルのStudio Displayは、27インチの5Kパネルを搭載していますが、ミニLEDバックライトとProMotionテクノロジーを搭載していないため、5K 27インチiMacのディスプレイと非常によく似ています

2022 04 28 09 16 23

あるYouTuberは、27インチiMacをStudio Displayに改造し、Webカメラも装備して、Studio Displayの定価よりも安い価格で購入しました

YouTubeクリエイターのLuke Miani氏は、このプロジェクトを記録したビデオの中で、少し我慢すれば、600ドル前後で中古の機能的なiMacを簡単に見つけることができると語っています

彼が手に入れたのは、macOS Montereyに対応していない2014年末のモデルで、日常的なドライバPCとしては最高の技術仕様を備えていいませんでした

その一方で、iPad用のSidecarのように動作するLuna Displayやターゲットディスプレイモードなどのプログラムを使えば、iMacをスタンドアロンモニタとして使い始めるのは簡単です

しかし、パネルを「プラグアンドプレイ外部モニタ」としてセットアップする方がはるかに簡単で簡単です

スポンサーリンク


iFixitのツールキットと分解ガイドに助けられて、Miani氏はiMacを開け、ロジックボード、ストレージドライブなどディスプレイパネル以外のものをすべて取り去りました

オンラインでさらに調べていくと、4K解像度のビデオ入力をサポートするHDMIポートがふたつと、DisplayPort 1.4コネクタがふたつ搭載されたアダプタ回路基板にたどり着き、iMacパネルを単独で使用しても、5Kのフル解像度で駆動させることができることがわかりました

Miani氏はiMacのRAMアクセスドアをなくし、配線をシャーシの外に配線できるようにしました、その後、iMacはStudio Displayに匹敵するウェブカメラを一台だけ使えるようになりました

iMacの内蔵Webカメラは、リボンケーブルを使用してメインボードに接続するように設計されているため、使用できません

また、カメラ、マイク、環境光センサー、インジケータLEDからデータを送信します、ただし、カメラモジュールをArduinoプロジェクトやRaspberry Piプロジェクト向けに設計されたUSBカメラに交換するのは、比較的手軽です

Appleは、古い電子機器を改装して再利用することを容易にしていません

しかし、このYouTuberのプロジェクトは、少しのリサーチと工夫と努力で、古いハードウェアを、より高価な最新の代替品の代わりになるデバイスに再利用することが容易であることを示しています

(Via iPhone Hacks.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)