Apple、M2搭載Mac 9機種でサードパーティーアプリをテストか

Apple、M2搭載Mac 9機種でサードパーティーアプリをテストか

Appleが独自のシリコンを搭載した最初のMacを発表してから約2年が経過しましたが、同社は現在、次世代のApple Sliconチップをマシンに搭載する準備を進めています

Bloombergの報道によると、Appleは現在、M2チップを搭載する少なくとも9種類の新型Macモデルで、サードパーティーアプリをテストしています

この件に詳しい情報筋らのアプリログには、リリースされていないMacが記録されており、これはAppleがこれらの新型コンピュータを市場に投入する前の最終テストを進めていることを示唆しています、新型Macはすべて、年内に発表される予定の新しいM2チップをベースにしています

レポートによると、これらのマシンにはMacBook Air、MacBook Pro、M2チップを搭載したMac miniが含まれています

M2 ProとM2 Maxチップを搭載した新型MacBook ProとApple Silicon M1 Ultraチップの後継を搭載したMac Proが含まれています

9to5Macは以前に情報源に基づき、AppleがBloombergが言及したこれらのMacに取り組んでいることを報じていました

スポンサーリンク


興味深いことに、Appleは現世代のMacBook Proに使われているM1 Proチップを搭載した新しいMac miniで、まだテストを実施しているようです

9to5Macの情報筋によると、AppleはM1 ProとM1 Maxチップを搭載した現行Mac miniのハイエンドバージョンを投入する計画だったが、おそらくMac Studioのために廃案となったようです

新しいMac miniモデルへの参照がStudio Displayファームウェアに見つかったので、少なくともこれらのMacのいくつかはすぐに発表される可能性があります

BloombergのMark Gurman氏は以前、Appleが6月のWWDC 2022で新しいMacを二つ発表するかもしれないと言っています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)