Appleの複合現実(AR/VR)ヘッドセット、2023年前半に延期か

Appleの複合現実(AR/VR)ヘッドセット、2023年前半に延期か

Appleは、長い間、拡張現実および仮想現実(AR/VR)機能を備えた新しいデバイスに取り組んでいると伝えられていますが、これらの製品がいつ市場に登場するかはまだ不明です

一部のアナリストは、Appleの複合現実感ヘッドセットは2022年後半に発売されると考えていましたが、Haitong International Securitiesのアナリスト、Jeff Pu氏は、この製品が2023年まで遅れる可能性があると述べています

レポートで、Pu氏は、Appleの新しいヘッドセットは2023年の第1四半期に若干の遅れが生じる可能性があると言及しています、また、同アナリストは、Appleがその新しいヘッドセットを初年度に100万台から150万台の間で販売することになると考えています

さらにこのレポートは、社内で設計されたチップが、Appleの複合現実ヘッドセットの競合製品に対する主な差別化要因になる、とも言っています

同デバイスには、カメラを含む10以上のセンサが搭載される見込みで、ソニーやWill Semi、Sunny Optical等の部品サプライヤーが恩恵を受けることになります

スポンサーリンク


今年の初めにアナリストのMing-Chi Kuo氏は、Appleの新しいヘッドセットは限定的な供給量で2022年後半に発売されるだろうと述べ、最近ではBloombergのジャーナリスト、Mark Gurmanが「ヘッドセットの発売は6月のWWDC 2022ではあり得ない」が、発表は2022年秋から2023年夏の間になるだろうと語っていました

可能性としては、Appleが過去にApple WatchやHomePodといった製品で行ったのと同様に、今年後半にデバイスを発表し、2023年初頭に販売を開始することが考えられます

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)