Studio Displayの不具合により、一部のユーザーがファームウェア15.4 (Build 19E241)にアップデートできないと報告

Studio Displayの不具合により、一部のユーザーがファームウェア15.4 (Build 19E241)にアップデートできないと報告

Apple Studio Displayは、オペレーティングシステムとしてiOSを使用して機能するため、モニターとしては珍しいものです

他のApple製ハードウェアと同様に、このファームウェアはアップデート可能だが、一部のユーザーはアップデートしようとすると問題が発生すると報告しています

Apple Studio Display firmware

Appleのサポートフォーラムの投稿では、ファームウェアのアップデートができないユーザーが多数いることが明らかになっています

「Apple Studio Displayのファームウェアのアップデートを完了できませんでした」というメッセージが表示されるケースもあります、また「1時間後に再試行してください。問題が解決しない場合は、Appleの正規サービスプロバイダにお問い合わせください」と表示されることがあります

15 4  Build 19E241

また、ファームウェアのインストールを試みても、「準備中」の段階が途中までしか完了せず、終了しないという現象も見られます

スポンサーリンク


あるユーザーがAppleのサポートに連絡しようとしたところ、お近くのGenius Barにモニターを持ち込んで強制的にアップデートを試みるようにと言われた例もあるそうです、しかし、修理には24時間から48時間かかると言われ、早期の解決は望めませんでした

Macrumorsのフォーラムには、この問題はソフトウェアのダウンロード失敗に関連しているため、サーバ側の問題である可能性があるとする投稿もあります

あるユーザーは、Genius Barの担当者が地元のApple Storeのデモ版Studio Displayをアップデートしようとしたが、やはりアップデートできなかったと言っています

Appleはこの問題についてまだ公式にコメントしていないが、サーバー側の問題はおそらく、ユーザーが何もしなくても修正できる問題と思われます

新しいファームウェアを使用して機能を微調整したり、バグを修正したり、新しい要素を追加したりできるため、モニターを更新する機能は重要です

たとえば、Studio DisplayのWebカメラの品質はソフトウェアのバグによるもので、ソフトウェアアップデートの一部として修正される可能性があります

(Via appleinsider.)

私の場合は、3月25日に届いてその直後にアップデートしましたが問題なく終わっています

ファームウェアのバージョンは、「Version 15.4 (Build 19E241)」となっており、[メニュー]>[このMacについて]>[システムレポート]の[ハードウェア]>[グラフィックス/ディスプレイ]で現在のファームウェアを確認することが出来ます
Studio Display firmware











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)