Apple、iPhone SEに世界初の商用純度低炭素アルミニウムを採用

Apple、iPhone SEに世界初の商用純度低炭素アルミニウムを採用

Appleは本日、製錬プロセスにおける大きなブレークスルーを受け、iPhone SEに新しいタイプのカーボンフリーアルミニウムを導入する予定であることを発表しました。

同社はグリーンボンドの成功を歓迎し、次のように述べています

Appleの47億ドルのグリーンボンドからの投資は、新しい低炭素製造技術やリサイクル技術の開発を急発進させるのに役立っている、と同社は本日発表しました。Appleは2016年以降、3つのGreen Bondsを発行しており、投資によって世界の排出量を削減し、世界中のコミュニティにクリーンな電力をもたらすことができることを紹介するプロジェクトを行っています

同社はその後、低価格帯のユーザー向けにApple最高のiPhoneである 「iPhone SE」 の大幅なアップグレードを発表しました

この取り組みの一環として、Appleは、排出量を削減するための製錬技術の大幅な進歩を受けて、無炭素アルミニウムを直接購入しています。このアルミニウムは、製錬工程中に直接炭素を排出することなく、研究所外で工業規模で製造された最初のアルミニウムです。同社はこの素材をiPhone SEに導入する予定です

スポンサーリンク


このアルミニウムはELYSIS社からのもので、同社はApple製品に使用される工業規模で最初の商業的に純粋な一次アルミニウムを製造したと発表しました
この製錬プロセスでは、温室効果ガスではなく酸素が生成されるため、 「アルミニウム製造における重要なマイルストーン」となる。このアルミニウムはケベック州で水力発電を利用して製造されています

Appleによると、同社の2019年のGReen Bondの収益のうち5億ドル以上が、クリーンエネルギープロジェクトに使われています

また、同社はサプライヤー・クリーン・エネルギー・プログラムを支援しており、24カ国の175社以上の製造パートナーがAppleの生産に100%の再生可能エネルギーを使用することを約束しているとも述べています

(Source Apple , Via iMore.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)