Apple幹部らは、Mac Studioの開発は「20年以上にわたる教訓から生まれたもの」と述べる

Apple幹部らは、Mac Studioの開発は「20年以上にわたる教訓から生まれたもの」と述べる

AppleのMac StudioとStudio Displayの幹部は、この新しいデバイスは、20年以上にわたるこれまでのMacのデザインエンジニアリングで学んだ教訓から生まれたものだと語っています

Appleがまったく新しいMacを発表することはめったにありませんが、Mac Studioの開発に携わった2人の幹部は、そのデザインのルーツはAppleが数十年にわたって行ってきた仕事にあると語っています

ハードウェアエンジニアリング担当副社長Kate Bergeronは、GQ誌の新しいインタビューで、彼女が最初に手がけたMac、17インチPowerBook G4までさかのぼって語っています

「2003年当時、私たちが搭載したほとんどすべてのものが、当時としては新しい発明でした」と、バーゲロンはGQ誌に語っています。「当時、持ち運べるサイズのラップトップは誰も作っていませんでした。7.5ポンドのブリーフケースのようなものでした」と語っています

「Macの歴史があったからこそ、私たちは20年前の製品から、今の私たちには平凡に見えても、当時は画期的だったものを取り入れ、そこからできる限りのことを学ぶことができたのです」と彼女は続けています

スポンサーリンク


これは、Appleが一流のスピーカーを搭載することを望んだ新しいStudio Displayにも同様に当てはまります

Bergeron氏は、「とにかくスピーカーの音を大きくして、豊かで充実した低音を出そう」と考えました、「それを高剛性マウントで実現すれば、ディスプレイが机の上で揺れるようなことになります」

「そこで、音響チームのスペシャリストたちは、フォースキャンセリングリバースという技術を使って、実際にスピーカーをオフセットさせるのです」と彼女は言います

BergeronとAppleのシニアプロダクトマーケティングマネージャーのColleen Novielliの両氏は、出来上がったMac StudioとStudio Displayが会社の目標を達成したとGQ誌に語っています

Bergeron氏は、Mac Studioの価値はしばらく使ってみてからもっと明らかになると考えていると付け加えています

(Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)