iPhone14の新しい回路図にノッチの実寸が表示され、それが巨大であることが判明

iPhone14の新しい回路図にノッチの実寸が表示され、それが巨大であることが判明

今年のiPhone 14に向けてAppleがどんなデザイン変更を準備しているのか、特にノッチに関する多くの噂が流れています

当初の報道では、このノッチは完全に廃止されて新しいパンチ穴の設計になると言われていたが、最近の報道では、Appleが代わりにユニークな「ホール+ピルデザイン」の設計を計画していることが示されています

Jon Prosser氏によって検証されたWeiboの新しい投稿によると、Appleは以前の予想よりも大きなフロントカットアウトのセットを実装しています

Weiboユーザーが投稿したもので、iPhone 14 ProまたはiPhone 14 Pro Maxのより詳細な回路図が示されているとしています

IPhone 14 schematic 002

この投稿は、Jon Prosser氏が土曜日に投稿したYouTube動画でも共有されており、同氏はこの回路図が本物で、Appleが採用するデザインを正確に表していると「独自に確認できた」と述べています

スポンサーリンク



新しいカットアウトは、以前のレンダリングで示されていたよりもはるかに多くのディスプレイを取ります

Appleは基本的にノッチの部品をそのままディスプレイ内に適用し、カメラやセンサーを含まない無駄な部分をなくしているように見えます

Apple Trackは次のように述べています

一般的には”大きくなったから悪く見える”と思われがちですが、私には今のスケールの方がよりリアルに見えます。おそらく、現在のノッチの部品と同じで、デッドスペースがないためでしょう

(Via Apple Track.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)