iPhoneが2021年第4四半期に中国で過去最高の23%のシェアを達成

iPhoneが2021年第4四半期に中国で過去最高の23%のシェアを達成

新しい調査によると、Appleは2015年第4四半期以来、初めて中国のスマートフォンベンダーのトップになり、iPhoneは過去最高の23%のシェアを獲得したとのことです

2019年、Appleは中国での販売に深刻な問題があると警告し、中国での成功を取り戻す計画があると主張していました、現在、Counterpoint Researchは、Appleが中国最大のスマートフォンブランドになっただけでなく、同国での市場シェアの記録をも破ったと主張しています

調査アナリストのMengmeng Zhang氏は、Appleの業績についてコメントし、「Appleの素晴らしい業績は、同社の価格戦略とHuaweiのプレミアムベースから得られる利益の組み合わせによってもたらされた」と述べています

同氏はレポートで、「Appleは、iPhone 13が2021年9月に発売された直後に中国で1位になっただけでなく、その後、2021年第4四半期の大半で首位を維持しました」と言います

スポンサーリンク


続けて「新しいiPhone 13は、新しいカメラと5 G機能だけでなく、中国での発売時に比較的低い開始価格のために成功をリードしています、また、プレミアム市場でAppleの最大のライバルであるHuaweiは、米国の制裁が続いているため、販売が減少した」と述べています

しかし、Appleが中国市場で最大のシェアを獲得した一方で、その市場も大きく落ち込んでおり、Counterpointによると、中国でのスマートフォン販売台数は2021年第4四半期に前年同期比9%減となり、3四半期連続の減少となっています

Chaina iPhone share 002

2021年第4四半期について、Counterpointは、Appleの23%のシェアに続き、Vivoが19%で続いて、そしてOPPOが17%、Honorが15%で3位となっていると報告しています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)