Apple、ワクチン未接種の従業員に対するCOVID-19検査を強化し、ブースター接種を義務化

Apple、ワクチン未接種の従業員に対するCOVID-19検査を強化し、ブースター接種を義務化

米国でCOVID-19の感染者が急増し、新記録を更新し続けている中、Appleは再び従業員に対するプロトコルや要件を調整しています

Appleは現在、従業員に対してCOVID-19のブースター接種を受けた証拠を提出するか、さもなければ頻繁にCOVID-19の検査を受けるよう求めています

しかしAppleは、完全なワクチン接種の義務化には引き続き踏みとどまっています

Appleは今週送信された社内メールでこの変更を発表しました、同社によると、従業員がブースターを受ける資格を得たら、4週間のうちに受けられるようになるそうです

その4週間の間にブースターを受けなかった場合、彼らは2月15日から「小売店、パートナー店、またはAppleオフィスに入るために頻繁にテストを受ける必要がある」ことになります

スポンサーリンク


「COVID-19ワクチンのプライマリーシリーズの効果が衰え、オミクロンなどの高伝達性変異体の出現により、ブースターショットは現在、重症化から保護するためにCOVID-19ワクチン接種で最新の状態に保つことの一部になりました」 Appleは述べています

いつものように、多くのApple従業員がまだリモートで作業しています、 Appleは計画された復帰を繰り返し延期しており、最近では新しい日付を決定していないと述べている

Appleは、従業員に対するCOVID-19ワクチンの義務化に向けて取り組み続けています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)