iPhone 14 Proは、ピル型と円形の両方の切り込みを備えているとの噂

iPhone 14 Proは、ピル型と円形の両方の切り込みを備えているとの噂

Appleは、iPhone 14 Proモデルのノッチを廃止すると広く予測されていますが、新しいデザインについては相反する噂があります

初期の噂では、AppleはFace IDを何らかの方法で完全にディスプレイの下に移動させたホールパンチデザインを採用するとされ、その後、代わりにピル型の切り込みがあると噂されました

今回、ディスプレイ業界コンサルタントのRoss Young氏は、iPhone 14 Proモデルにはディスプレイ上部付近に円形の穴とピルの形をした切り込みがあると主張しています

Young氏によると、この円形の穴はドットプロジェクター「Face ID」のためのものだと考えられており、ピル型の切り抜きには、少なくとも前面カメラとFace ID赤外線カメラが収納されていると思われるとのことです

このデザインの候補は、9月にTwitterアカウントのShrimpApplePro氏によって共有されましたが、流出した画像では、ディスプレイの裏表が確認でき、実際にはピル型の切り込みが左側に、円形の切り込みが右側にあるとされています

スポンサーリンク



穴あきパンチとピル型切り込みの両方を備えたiPhone 14 Proモデルは、以前の一部の噂にあったように、ディスプレイの下にFace IDが搭載されないと予想されています

この新しいデザインは、6.1インチのiPhone 14 Proと6.7インチのiPhone 14 Pro Maxで噂されており、9月に発表される可能性が高いと言われています

Appleは、ノッチを引き続き搭載した6.1インチのiPhone 14と6.7インチのiPhone 14 Maxの廉価モデルもリリースすると予想されています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)