iPhone 14 Pro、アップグレードされた4,800万画素カメラ搭載の噂

iPhone 14 Pro、アップグレードされた4,800万画素カメラ搭載の噂

台湾の調査会社TrendForceによると、iPhone 14 Proモデルには4,800万画素のカメラが搭載されると言います、具体的には、背面のワイドカメラのことで、現在iPhone 13 Proモデルでは1,200万画素です

iPhone 14 Proモデルに4,800万画素のワイドカメラが追加されることは、複数の情報筋によって既に言及されており、アナリストのMing-Chi Kuo氏は、このアップグレードされたカメラが8K動画撮影に対応すると予想しています

スマートフォンのカメラの画素数を増やすだけで、イメージセンサーのサイズはそのままにしておくと、画素が小さくなるため、撮影できる光が少なくなり、写真の低画質化につながります

解決策としてKuo氏は以前、iPhone 14 Proモデルは4,800万画素と1,200万画素の両方の出力をサポートすると述べており、これはピクセルビニングとして知られるプロセスで実現される可能性が高いと思われます

スポンサーリンク


SamsungのGalaxy S21 Ultraのような一部のAndroidスマートフォンでは既に、ピクセルビニング機能が採用されており、カメラのイメージセンサ上にある複数の小さなピクセルのデータを1つの「スーパーピクセル」に統合して、低光量時の感度を向上させています

ピクセルビニングによって、iPhone 14 Proモデルは明るい場所では4,800万画素の高解像度写真を、暗い場所では1,200万画素の写真を撮影が可能となります

iPhone 14 Proモデルは、4,800万画素の写真の大きなファイルサイズを考えると、デフォルトで1,200万画素の写真を撮影する可能性が高いが、Appleの実装はまだ明らかになっていません

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)