Appleの次期AR/VRヘッドセットには3つのディスプレイが搭載される

Appleの次期AR/VRヘッドセットには3つのディスプレイが搭載される

Display Supply Chain Consultantsは、2022年のディスプレイ業界に関する10の予測をまとめた論文を発表し、その中にはAppleが期待するAR/VRヘッドセットに関する予測も含まれています

それによると、Apple、3つのディスプレイを備えたAR/VRヘッドセットをリリースだろうと予測しています

Appleが初のAR/VRヘッドセットを発売するという噂は、これまでにも数多くありました、2022年後半に発売され、VRとパススルーARの両モードを搭載すると予想されています

Appleはすでに、LiDARセンサー、空間オーディオ、開発者向けソフトウェアAPI(ARKit)など、AR/VRのための複数の構成要素を製品化しています

SONY Semiconductor SolutionsはMicro OLEDのサプライヤーになると予想されています

SONYは最近、画素ピッチ6.3μm(約4,000PPI)のVR用4Kディスプレイを発表しました、このディスプレイがApple向けに開発されたことは十分に考えられるので、最終的なスペックは非常に似ているかもしれません

仮に4000×4000ピクセルとすると、対角寸法は1.4インチと測定されます、SONYのマイクロディスプレイは、カラーフィルターを使ったWOLEDをベースにしています

スポンサーリンク


第3のディスプレイは、どのような使い方をするのでしょうか?

AMOLEDは画素密度が低すぎるため、最近のVRヘッドセットには見当たりません、可能性としては、AppleがAMOLEDパネルを低解像度の周辺視野に使用することで、Foveatedディスプレイシステムを実現することが考えられます

ヘッドセットに2種類のディスプレイが搭載されるのは、これが初めてではありません、Varjoは以前、高解像度のMicro OLEDディスプレイと低解像度のMiniLED LCDパネルを光学的に組み合わせることでフォベーションを実現してきました

このような高度なディスプレイ構成は、高価格になります、Apple社のヘッドセットは、数千ドルすると予想されます

第一世代のヘッドセットは、プロフェッショナルや開発者をターゲットにしたハイエンドなデバイスになり、AR/VRにおけるAppleのエコシステムを拡大させると想定しています

また、噂によると、このデバイスはハンドトラッキングを可能にする複数のカメラと、おそらくLiDARセンサーを搭載することになります、Appleは、強力なモバイルCPUとGPUをヘッドセットに搭載する可能性が高いと考えられます

(Via MacDailyNews.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)