Apple、人材を確保のためにトップエンジニアに18万ドルのボーナスを支払う

Apple、人材を確保のためにトップエンジニアに18万ドルのボーナスを支払う

Appleは、技術系ライバル企業への離反を食い止め、人材を確保するため、一部のエンジニアに最高18万ドルという異例の多額の株式ボーナスを支給しています

Bloomberg NewsのMark Gurman氏によると

Appleは、人材を確保するため、一部のエンジニアに異例の多額の株式ボーナスを支給し、Facebookを所有するMeta Platforms Inc. などの技術系ライバルへの離反を防ごうとしてtます

先週、Appleはシリコン設計、ハードウェア、一部のソフトウェア、オペレーショングループのエンジニアに、制限付きストックユニットとして発行される周期外のボーナスを通知しました

このボーナスは、受け取った人々にとっては驚きであり、約5万ドルから、場合によっては18万ドルにも及んでいます、Appleはシリコンバレーをはじめとする企業と人材争奪戦を繰り広げており、特にMetaは脅威として浮上しています

今回の報酬は、基本給、ストックユニット、キャッシュボーナスを含む通常のアップルの報酬パッケージの一部ではありません

スポンサーリンク


Appleは時々、従業員に追加の現金ボーナスを支給しますが、今回の株式交付の規模は非典型的で、驚くほどのタイミングだったと、関係者は述べています

一方、Meta Platforms Inc. は、Appleの拡張現実、人工知能、ソフトウェア、ハードウェアのエンジニアリング部門からエンジニアリングの才能を引き抜く努力を強めています

同時に、Appleのオフィス回帰の鼓動が一部の従業員の心を揺さぶり、エンジニアの離反につながりました

Appleは、企業の従業員は少な​​くとも週に3日はオフィスで働くことを期待していますが、ハードウェアエンジニアは週に4〜5日勤務をする必要があると述べています

Metaや他の企業は、彼らの方針をもっと緩くするつもりです、しかし、Appleは今月、労働者が当面の間家にいる可能性が高いことを認めています

Appleは、オフィス復帰の期限を廃止した後、自宅の機器を購入できるように、企業、小売、技術サポートのすべての従業員に1,000ドルのボーナスを発行すると発表しました

(Via Bloomberg.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)