Appleの文書、PS Nowゲームサービスをモバイル端末に導入することをソニーが検討していたことを示唆

Appleの文書、PS Nowゲームサービスをモバイル端末に導入することをソニーが検討していたことを示唆

The VergeがEpic対Appleの裁判で入手したリーク文書によると、ソニーは2017年に、携帯電話向けのクラウドゲームサービスPlayStation Nowを計画していました

Appleの文書は、未発表の「PlayStationユーザー向けの既存のストリーミングサービスのモバイル拡張、450以上のPS3ゲームへのストリーミングアクセスを開始し、PS4ゲームはその後に続く」と言及していました

しかし、そのようなモバイル機器への拡張は実現しませんでした、PS Nowは、PS4、PS3、PS2のゲームを、PS5、PS4、またはWindows PCでプレイできるように提供していますが、iOSやAndroid向けのバージョンはなく、またプレイステーションはMac向けにも提供していません

AppleがPS Nowについて検討していたのは、当時、最終的に2019年に開始するゲームサービス「Apple Arcade」の開発に着手していたからかもしれません

スポンサーリンク


ソニーはPS Nowでクラウドゲーミングに早くから取り組んでいました

競合他社がクラウドゲーミングサービスに取り組む何年も前の2014年に開始しました。GEForce NOWは2015年にベータ版として続きましたが、Google Stadiaは2019年まで、Xbox Cloud Gamingは2020年まで登場しませんでした

なぜソニーがモバイル版のPS Nowを開発しなかったのか、その理由は明らかではありません

このソフトウェアは、Google StadiaとXbox Cloud Gamingの登場によってAppleがApp Storeに厳格なクラウドゲーミングのルールを導入する前に発売されたはずだからです

The Vergeは、ソニーが当時のAppleに対抗する価値がないと判断したのではないか、あるいはソニーが代わりにコンソールの販売に注力することを決めたのではないかと推測しています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)