iPhone 13、ホリデーシーズンに向けて需要減退をAppleがサプライヤーに通知

iPhone 13、ホリデーシーズンに向けて需要減退をAppleがサプライヤーに通知

Appleは、iPhone 13モデルの需要がホリデーシーズンを前に減速していることを、一部の部品サプライヤーに伝えたとBloombergが報じています

需要が弱まっているという報告は、iPhone 13と13 Proの納期見通しが改善され始め、クリスマス前に出荷できるようになったことを受けてのものです

Appleは10月、業界全体のチップ不足を理由に、2021年のiPhone 13の生産台数を1,000万台も削減しました

Appleは2021年に9,000万台のiPhone 13モデルを生産する予定でしたが、BroadcomとTexas Instrumentsが十分な部品を供給できませんでした

Bloombergによると、Appleは供給が改善される2022年に不足分を補うことを目指していましたが、Appleは現在、顧客から必要な注文を受けることができないかもしれないとベンダーに伝えています

スポンサーリンク


CEOのTim Cook氏は、10月に行われた第4四半期の決算説明会で、iPhone、iPad、Macの供給制約により、Appleにはすでに約60億ドルの損失を被っており、供給問題は12月まで続くと述べていました

発売時、入手可能なiPhone 13およびiPhone 13 Proモデルはすぐに完売し、発売後1ヶ月間は出荷までのリードタイムが長くなっていました

決算報告での電話会議の中でCook氏は、AppleはiPhone 13の供給を増やすために「熱心に取り組んでいる」と述べましたが、現在では在庫が需要に追いついているようです

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)