AirPodsでAppleデバイスの自動切り替えをコントロールする

AirPodsでAppleデバイスの自動切り替えをコントロールする

AirPodsが備えている最も素晴らしい機能の1つは、ユーザーが何もしなくてもAppleデバイス間を素早く切り替えられることです

そうすれば、Macでビデオを観ていて、iPhoneで音楽を聴きたい場合に、その音楽を再生するだけで、AirPodsが自動的にiPhoneに切り替わります

しかし、逆にこの機能が迷惑になることもあります

幸いなことに、数回タップするだけでAirPodsが自動的にデバイスを切り替えるのを止めることができます

スポンサーリンク

AirPodsがデバイスを自動的に切り替えるのを防ぐ方法

  1. AirPodsをAppleデバイスに接続します
  2. 「設定」を起動します
  3. 「Bluetooth」でAirPodsの右側にある「i」アイコンをタップします
  4. AirPods control 001

  5. 「このiPhoneに接続」を選択します
  6. 「このiPhoneに前回接続していた場合」を「✓」を入れ有効します
  7. AirPods control 002

これにより、AirPodsがAppleデバイス間を行き来するのを防ぐことができます

AirPodsの切り替えを再開したい場合は、上記の手順を繰り返すことになりますが「このiPhoneに接続」で「自動」を有効にします











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)