Apple TV+の加入者数は約4,000万人、半数が有料、とのレポートを発表

Apple TV+の加入者数は約4,000万人、半数が有料、とのレポートを発表

The Informationのレポートで、アナリストは、昨年末時点でのApple TV+の加入者数を約4,000万人と推定していましたが、この数字は今夏の時点でもほぼ正確であると関係者は述べています

加入者の約半数は有料で、残りの加入者は無料のトライアル期間中だという

今回の発表は、このストリーミングサービスを評価する記事の中で行われたもので、Appleが今年、Apple TV+のマーケティングに5億ドル以上を費やしたいと報じられていることも明らかにしています

報道によると、一部のハリウッドの著名人は、AppleがInstagramやFacebookで番組を見せないことに憤慨していますが、AppleはApple TVを自社のハードウェアだけでなく、「PlayStation 5」や「Apple TV 2021」に最適なテレビなどのデバイスにまで拡大することで補っていると指摘しています

またこの報告では、Amazon Fire TVスティックに似たApple TVドングルが発売中止となり、この動きに賛成する幹部のTimothy Twerdahlが最近同社を去ったことも明らかにしていいます、このアイデアは他の幹部によっても却下されたようです

スポンサーリンク


しかし、Appleの長年のマーケティング担当幹部であるGreg Joswiak氏とPhil Schiller氏の2人は、Twerdahl氏を却下したと、この件に詳しい人物は述べています

彼らは、Appleが低価格で利益率の低いデバイスを製造するビジネスに参入することを望んでおらず、Appleのブランドをそれらに載せることが、プレミアム製品を製造するという同社の評判を損なうことを懸念していました

最終的にAppleは、Samsung、Roku、Amazonなどのハードウェア製品で動作するApple TV+用のアプリを、比較的安価であっても開発することは問題がないと判断しました

また、AppleはMGMスタジオに正式な入札を行わなかったこと、NFLのサンデーチケットパッケージに挑戦したが、DirecTVが現在支払っている15億ドルよりも約9億ドル少ない金額を提示したことも明らかにされています

(Via iMore.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)