「iPhone 13」へのアップグレードを予定しているiPhoneユーザーはわずか10%

「iPhone 13」へのアップグレードを予定しているiPhoneユーザーはわずか10%

Savings.comが1,500人のiPhoneユーザーを対象に実施した調査によると、発売時にAppleの次世代iPhoneを購入すると答えたのはわずか10%で、64%がアップグレードする予定はないと答えています

残りの26%は未定ですが、新機能が追加された場合、このグループは購入に踏み切る可能性もあります

調査によると、今年噂されている機能強化の中で、お客様が最も興味を持っているのは、衛星通信、カメラの改良、より大きなバッテリーであることがわかりました

既存のiPhoneユーザーでアップグレードを予定している人の約27%が低軌道衛星通信に期待を寄せており、22%がカメラやビデオ機能に最も関心を寄せています

また、より大きなバッテリーとより高速なプロセッサも、15%と14%のユーザーが期待しており、希望リストの上位にランクインしています

スポンサーリンク


アナリストのMing-Chi Kuo氏は先月、投資家向けのメモの中で、iPhone向けの低軌道衛星通信機能を最初に紹介しましたが、その後の報道では、この機能は一部の市場での緊急時の使用に限られるとされています

この噂の機能が「iPhone 13」から搭載されるかどうかは不明ですが、Appleはこの技術に取り組んでいると考えられます

2021年には、iPhoneカメラの機能強化として、より大きなレンズ、改良されたセンサ、Proモデルでのオートフォーカスを備えた新しい超ワイドモジュール、ProResビデオのサポートなどの多数のソフトウェアアップグレードが予定されています

バッテリ容量も2021年に増加すると予想されていますが、噂されている120Hzの「ProMotion」ディスプレイが搭載されているため、Proモデルの動作時間は現行モデルより大幅に増加することはないかもしれません

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)