Apple、iPhoneの2021年の出荷台数はAndroidの2倍の成長率を予測

Apple、iPhoneの2021年の出荷台数はAndroidの2倍の成長率を予測

調査会社IDCによると、AppleのiPhoneは競合するAndroid製品と比べて年間成長率がほぼ倍増し、2021年には幅広いスマートフォン業界を上回る可能性があります

IDCの新しいレポートでは、同社による2021年のスマートフォン業界の成長予測が示されています、\サプライチェーンの状況はまだ大きく改善されていませんが、IDCは業界にとってほぼポジティブなニュースを追跡しています

IDCでは、2021年の世界のスマートフォン出荷台数は13億7,000万台に達し、年間成長率は7.4%になると予測しています

これらの数値を分析すると、iOSデバイスの成長率は13.8%になると予想しており、これは、Android端末の出荷台数が6.2%の伸びであるのに対し、2倍以上の伸びとなります

IDCによると、Covid-19は、米国、中国、西ヨーロッパなどの主要市場でのスマートフォンの出荷台数の伸びに依然として影響を与えています

ただし、IDCは、インド、日本、中東、アフリカでの力強い成長がスマートフォン業界の回復を後押ししていると付け加えています

スポンサーリンク


IDCは、今後、2021年に5Gの出荷が業界の成長の主な推進力になると予想しています、これは、スマートフォンメーカーと小売チャネルの両方が5Gデバイスに焦点を合わせているためです

IDC 0830 001

2022年末までに、5Gスマートフォンはすべてのスマートフォン出荷の半分以上を占めると予想されています、成長に関しては、IDCはスマートフォン業界も2022年と2023年に3.4%成長すると予想しています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)