AppleはiPhoneの緊急時の衛星機能に取り組んでいるが、2021年発売の可能性は低い

AppleはiPhoneの緊急時の衛星機能に取り組んでいるが、2021年発売の可能性は低い

衛星ネットワークに依存する緊急機能は少なくとも2つあり、衛星技術は何年も前から開発されてきましたが、これらの機能は2021年には開始できそうにありません

1つ目の機能である「衛星経由の緊急メッセージ」は、電波が届かない場所で、衛星ネットワークを使って緊急サービスや連絡先にテキストを送ることができるように設計されており、SMSやiMessageと並ぶ第3の通信プロトコルとしてメッセージアプリに統合される予定です

この衛星経由のテキストツールは、Apple社内でStewieというコードネームで呼ばれており、メッセージの長さが短く制限されます

2つ目の機能は、飛行機の墜落や火事などの大規模な緊急事態を、衛星ネットワークを使って報告できるようにするものです

Appleはこれらの衛星機能をすべての国で立ち上げるわけではなく、利用できるかどうかは地域の規制や衛星の位置に左右されます

スポンサーリンク


iPhoneに搭載されている機能のひとつに、ユーザーが屋外に出て指定した方向に歩いていくと、iPhoneが衛星に接続されるというものがあります、接続は瞬時には行われず、iPhoneが衛星との通信に成功するまでには1分程度かかることがあります

衛星との接続には特殊なモデムチップが必要となりますが、Appleは今後数年間はQualcommの技術を使い続ける予定です

Kuo氏が示唆しているように、AppleがGlobalstar社と提携するかどうかは明らかではありません

Bloombergによると、Globalstarの競合であるIridium CommunicationsとOmnispaceはAppleと提携していませんが、このレポートはGlobalstarを除外していません

Appleの今年のモデムチップは衛星通信に必要なハードウェアを持っている可能性はあるが、衛星機能は 「来年までには間に合いそうにない」と言います

Appleは独自の衛星の打ち上げを検討していますが、計画されている緊急時機能は既存のネットワークに依存します

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)