Apple、 今秋の「iPhone」と「iPad」の供給不足を警告

Apple、 今秋の「iPhone」と「iPad」の供給不足を警告

Appleは先ほど、2021年第三四半期の驚異的な収益報告を発表しました

今日行われたアナリストとの収支会見で、CEOのTim CookとCFOのLuca Maestriは、2021年第4四半期にAppleに影響を与える可能性のある供給制約について言及しました。特に、これらの供給制約はiPhoneとiPadを直撃する可能性があります

「9月期の供給制約は、6月期のそれを上回ると予想しています。制約は主にiPhoneとiPadに影響を与える。」とMaestri氏は電話会見で述べています

供給面の制約があるにもかかわらず、Appleは今四半期も「非常に強い二桁成長」を見込んでいると述べたが、その成長率は2020年第3四半期に対する2021年第3四半期の36%増を下回ると予想されています

スポンサーリンク


Appleの会計年度第4四半期は、7月、8月、9月の3カ月間を対象としています、注目すべきは、Appleが9月にiPhone 13の新モデルを発表すると予想されていることです

Appleが供給不足を警告したのは今回が初めてではありません

同社は前四半期、「iPad」と「Mac」の制約により、30億ドルから40億ドルの売上高がどこかで犠牲になる可能性があると述べていました

Maestri氏は今日、その影響は最終的にその範囲の下限に近づいたが、状況は第4四半期に悪化するだろうと述べました

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)