Apple、Macへの復帰を示唆するMagSafeサポートドキュメントを更新

Apple、Macへの復帰を示唆するMagSafeサポートドキュメントを更新

Appleが新しいMacBook ProでMagSafeを復活させることはすでに確信していますが、さらなる証拠があります

Appleは、サポートエリアのMagSafeに関する文書を改訂しました

Appleは2016年にMacBook ProのMagSafe充電器を交換し、2018年に2015年版のMacBook Airの販売を停止して以来、MagSafe搭載のMacを販売していないことを考えると、同社がサポート文書を更新したことは示唆に富んでおり、それは、MagSafeが同社にとって新たな重要性を持っていることを示しているとしか思えません

Apple ポータブル:MagSafe アダプタのトラブルシューティング』という名称のこの文書は、2015年初めにInternet Archiveのデータベースに登録された。Appleが最後に登録したアップデートは2016年12月10日でした

サポート文書の違い

サポート文書『If your MagSafe power adapter isn’t working』の日本語版は現在も公開日は2016年12月10日で、英語版の公開日は 2021年7月20日となっています

スポンサーリンク


しかし、2021年7月21日に、より明確な構造を持つテキストの完全な改訂を含む更新バージョンがオンラインになりました。写真も更新され、いくつかの追加のグラフィックが追加されました

これは、iPhone 12にしか搭載されていない技術のために、このような努力をするのは大変なことだと思われます

Appleが、来たる14インチMacBookProと16インチMacBookProで塗装された磁気接続を復活させることを計画しているように思えます

これまでにも、Ming-Chi Kuo氏が2021年2月に「14inと16inのMacBook ProでMagSafeが復活する」と予測したり、BloombergのMark Gurman氏が2021年1月に「次期Macbook AirもMagsafeに戻る」と予測したりするなど、この計画を示唆する情報がありました

また、AppleのサプライヤーであるQuanta社から盗まれた未発表のMacBookの設計図も、この予測を裏付けるものとなっています

(Via Macworld.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)