Bill Gates氏のiTunes Storeの契約に対する衝撃と畏怖を伝える内部メールが公開される

Bill Gates氏のiTunes Storeの契約に対する衝撃と畏怖を伝える内部メールが公開される

Bill Gates氏からMicrosoftの従業員宛てに送られた新たに明らかになった社内メールから、AppleがiTunesの音楽業界と結んだ契約にいかに畏敬の念を抱いていたか、Microsoftがそれに追いつくためにはいかに迅速に行動する必要があると考えていたかが明らかになりました

メールはComes vs Microsoftの独禁法訴訟のもので、Internal Tech Emailで発見されたものです

Bill Gates氏は米国時間2003年4月30日、「Apple’s Jobs again … and time to have a great Windows download service …」という件名の電子メールを送信した、メールには次のように書かれています

Steve Jobsの能力は、いくつかの重要なことに集中し、ユーザーインターフェースを正しく理解している人を集め、革命的なものとして売り出すという驚くべきものだ。今回は、彼の才能を生かして、他の誰よりも優れたライセンス契約を音楽のために結んだ。これは私にとって非常に不思議なことです。音楽会社が提供しているサービスは、ユーザーにとって本当に不便なものであり、常にそのように評価されています。それなのに、なぜかApple社には、かなり良いことができる能力を与えることにしたのです

スポンサーリンク


Gates氏は続けて、「EMusic」に関するMicrosoftの議論について言及し、ユーザーは何に料金を支払っているかを事前に知ることができるため、サブスクリプションよりも優れていると述べています

この奇妙さが我々の失敗を意味するとは言わないが、少なくとも我々が失敗したのであれば、RealやPressplay、Musicnetをはじめとする基本的にすべての人が失敗したことになる

Gates氏はまた、従業員に対して、「UIとRightが同じくらい良いものを手に入れるために、我々は速く動く必要がある」と述べ、Jobs氏に「我々は、ま少し足元をすくわれた」と表現しました

Gates氏がこのメールを送ったのは、AppleがiTunes Music Storeの開設を発表したわずか2日後のことで、当時Appleは次のように述べています

Apple®は本日、iTunes®Music Storeを開始しました。これは革新的なオンライン音楽ストアで、顧客は購読料なしで、曲あたりわずか99セントで、欲しい音楽をすばやく検索、購入、ダウンロードで出来ます
iTunesMusicストアでは、画期的な個人使用権が提供されています。個人使用のためのCDへの曲の書き込み制限、iPodでの曲の再生制限、最大3台のMacintosh®computersでの曲の再生、iPhoto™、iMovie™ およびiDVD™を含むMac®上の任意のアプリケーションでの曲の使用が可能です

スポンサーリンク


発売当初、iTunesには20万曲以上の楽曲と独占配信曲がありました

当時、Steve Jobs氏は「iTunes Music Storeは、個人使用のために無制限の数のCDを書き込み、外出先で聞くために無制限の数のiPodに音楽を置く革命的な権利を提供します…消費者は犯罪者のように扱われることを望んでおらず、アーティストは自分の貴重な作品を盗まれることを望んでいません。iTunes Music Storeは、両方に画期的なソリューションを提供しています」と語っていました

Tunesはその後、Apple Musicに取って代わられました

(Via iMore.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)