Appleは、噂を止めるために新たな攻撃で漏洩者と協力者を標的にしている

Appleは、噂を止めるために新たな攻撃で漏洩者と協力者を標的にしている

信頼性の高いAppleのリーカー、通称「Kang」をはじめとする不特定多数のリーカーが、Appleを代表する弁護士から警告を受けたと報じられています

Kang氏のWeiboアカウントの投稿によると、Appleは最近、法律事務所に依頼して多数のリーク者に警告書を送ったとのことです

この手紙は、Appleの競合他社に貴重な情報を与えたり、「開示された内容が正確ではない可能性があるため、顧客を誤解させる」可能性があるため、Appleの未発表プロジェクトに関する情報を開示してはならないと、リーク者に注意を促したとされています

Kang氏は、「私は未公開の製品写真を公開したことはない」し、自分の情報を売ったこともないので、Appleは未公開プロジェクトに関する「なぞなぞや夢」は例外としなければならないと説明しています

「夢」という漠然とした特徴を持つAppleのリークは、近年「L0vetodream」などのリーカーによって広まっており、一部のインサイダーには、あまり多くを語らずにAppleの将来計画をほのめかす楽しい仕組みを提供しています

スポンサーリンク


カン氏によると、「夢を見ても、その機密保持の仕組みに違反してしまう」とのことで、Appleの論理では「私が夢を見れば、Appleの競合他社が有効な情報を得ることになる」と言います

「写真を送ったり、写真を流出させたりしなくても、私はターゲットとして利用されている」と語っています

また、他のブロガーにも警告し、「トラブルを起こしたくなければ、公にしたくないことは投稿しないように」と警告していいます

たとえ「契約書にサインしていなくても商業情報の侵害、乱用だと」考えています

Kang氏はAppleの最も信頼できるリーク元の1人で、Appleの将来の製品やソフトウェア計画に関する詳細な情報が次々とリークされたが、これは正しかったことが判明しています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)