iPhoneの隠しマップ、訪れた場所を表示および削除する

iPhoneの隠しマップ、訪れた場所を表示および削除する

iPhoneのシステム設定の奥深くには、頻繁に訪れた場所を地図上に保存する機能が眠っていますが、おそらく、多くのユーザーは知らないのではないでしょうか、この機能を無効にする方法を紹介します

iOSには驚きがいっぱい!機能が豊富にあるということは、私たちユーザーはすべての機能を使いこなすことはできませんし、一部の機能については知ることすらできません

あるいは、iOS 14のiPhoneの裏技をすでにご存知ででしょうか?、また、よく行く場所を人知れず保存しておく「位置情報」も知られていない機能です

この情報は端末のローカルに保存されているので、Appleも自分以外の誰もアクセスできません、これにアクセスするには、次の手順を実行します

  1. 「設定」アプリを起動します
  2. 下にスクロールして、「プライバシー」を選択します
  3. 上部にある「位置情報サービス」をタップします
  4. 一番下までスクロールして、「システムサービス」を選択します
  5. 下にスクロールして、「利用頻度の高い場所」をタップします
  6. 「利用頻度の高い場所」機能が有効になっていることを確認します
  7. Map privacy 00001

スポンサーリンク


「利用頻度の高い場所」機能は、マップ、カレンダー、写真アプリで位置情報に関連する有用な情報を収集します、Appleはアプリで、この情報はエンドツーエンドで暗号化されており、Appleはそれを読み取ることができないことも強調しています

過去数週間、数か月の間にどこで待機していたかを履歴で確認できます、場所の名前をタップするだけで地図が開き、よく行く場所が青い点で示される。リストには、特定の場所への訪問数も表示されます

Map privacy 00002

隠しマップ機能、履歴の削除と無効化

メニュー項目「重要な場所」では、下にスクロールして「履歴を消去」ボタンで履歴を削除できます

ただし、iPhoneだけでなく、iCloudアカウントにログインしているほかのすべてのデバイスの情報も削除されるので注意しする必要が在ります、「利用頻度の高い場所」を無効にするには、対応するスイッチを左に切り替えます、ただし、プライバシーについては心配する必要はありません

Appleは次のように説明しています

あなたのiPhoneとiCloudに接続されたデバイスは、あなたが最近行った場所や、いつ、どのくらいの頻度で行ったかを記憶し、あなたにとってどの場所が重要かを学習します。このデータはエンド・ツー・エンドで暗号化されており、Appleが読み取ることはできません。このデータに基づいて、ルート提案などのパーソナライズされたサービスが提供され、写真アプリのレビューが最適化されます

(Via Macwelt.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)