AirTagを使って、英国内の郵送されたパッケージの追跡に成功

AirTagを使って、英国内の郵送されたパッケージの追跡に成功

英国のAppleユーザーが、Appleの「Find My network」を利用して、全く別の都市に住む友人に郵送されたAirTagの追跡に成功しました

Kirk氏は、iPhoneの「FindMy」アプリを使用して、配送施設や「高度に自動化されたメール処理センター」への到着など、AirTagの所在を追跡できたと述べています

注目すべきは、Appleがそのエリアで「iPhone」およびiPadデバイスから匿名データをクラウドソーシングする「FindMy」ネットワークを使用して、AirTagの場所を特定していることです

「探す」をオンにして、iPhoneを持った従業員が1人でもいるだけで、この場所を登録することができましたが、多くの従業員がiPhoneを持っている可能性があります

Kirk氏は自分のMac上にカスタムスクリプトを作り、AirTagの動きを記録する方法として、Find My appのスクリーンショットを2分ごとに撮影しました

Appleが不要な追跡を防ぐために目指している代表的な方法のひとつが、ペアリングされていないAirTagを使用していて、iPhoneまたはApple IDが一定期間追跡されていることがわかった場合に、ユーザーに警告することです

スポンサーリンク


Kirk氏は、友人のiPhoneが未知のAirTagが発見されたことを警告してくれることを期待していたそうですが、友人が最初にAirTagを受け取ってから3日経っても、彼らのiPhoneは未知のアイテムの追跡者の存在を警告することができませんでした

しかし、彼の友人は、Appleが未知のデバイスの存在をユーザーに知らせるために使用しているもう一つの方法である、AirTagからの音声による警告を聞いていました

これはAppleが未知のデバイスをユーザーに警告するために使用しているもうひとつの方法です、音声による警告の後、AirTagがiPhoneに警告を送ることは考えられません

今回のケースでは、友人のiPhoneが未知のAirTagを警告できなかったことによる潜在的な被害はなかったと言えるでしょう、しかし、他のケースでは、不要な追跡に対する内蔵の対策が機能しなかった場合、危険が生じる可能性があります

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)