Appleがデザインした5Gモデムは、2023年のiPhoneで出荷される

Appleがデザインした5Gモデムは、2023年のiPhoneで出荷される

Appleは、同社初の5G対応「iPhone」ラインアップである「iPhone 12」シリーズの販売が好調です

現在のiPhoneはすべて、CPUやGPUなどにAppleのカスタムシリコンを使用しているが、セルラーモデムは外付けでQualcommが製造してます

しばらく前から、Appleが独自の5Gモデムを開発していると報じられています、この作業が完了する時期については、さまざまなうわさがあります

当時Appleは、Intelのセルラーモデムを使って5G iPhoneを発売できることを期待していました

しかし、期限が近づくにつれ、IntelがAppleの要求を満たせないことが明らかになり、Appleは2019年4月、Qualcommとの和解を余儀なくされました、Intelは5Gチップの開発に向けた取り組みを直ちに終了し、Appleはエンジニアリンググループを10億ドルで買収しました

スポンサーリンク


2019年のレポートによると、Appleは2022年には一部のデバイスにモデムを搭載して出荷できるようにしたいと考えていたようです、アナリストのKuo氏の最新の予想では、Appleは2023年にiPhone向けにモデムを大量に出荷できるようになると言います

QualcommからApple製カスタムモデムへの移行には、いくつかの利点があります、現在のところ、iPhoneに搭載されているモデムとAppleのSoCは2つの別個のチップです

それらを統合することにより、Appleはより高い電力効率とおそらくより速いパフォーマンスも達成できるようになります

また、販売されたiPhoneごとにQualcommに利益率を支払う必要がなくなるため、Appleのユニットあたりのコストも削減されます

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)