iPad mini 6は2021年後半まで発売されない可能性が

iPad mini 6は2021年後半まで発売されない可能性が

アナリストのMing-Chi Kuo氏によると、Appleが第6世代iPad miniを発売するのは2021年後半になると言います

TF証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏は、Appleが折り畳み式iPhoneに取り組んでいることを詳細に説明した投資家向けのメモの一部として、別の製品について最後の方に小さな詳細を加えています

Kuo氏はメモの最後に、新しいiPad miniの登場は予想よりもずっと遅くなる可能性があると述べています

このリストには、「Mini-LEDとOLED技術の採用が出荷を促進すること、自宅での仕事や勉強、そして21年後半の新しいiPad miniが需要を牽引すること」が含まれています

これが正しければ、アップデートされたiPad miniの発売は、早くても2021年7月以降になることになりま

スポンサーリンク


2021年初頭の噂では、Appleは新世代のiPad miniを準備しており、当初は3月に発売される予定でした

このモデルは、ディスプレイが7.9インチから8.4インチに大型化され、2019年のiPad Airにインスパイアされたデザインになると予想されていました

Appleの前回のリフレッシュモデルである2019年3月のiPad mini 5は、デザインは2015年の先代モデルと同じでしたが、内部仕様を改善し、Apple Pencilに対応しました

Kuo氏は2020年5月に、Appleが2021年の前半に8.5インチから9インチのサイズの画面を備えた新しいiPadminiを発表すると予測していました

(Via “>Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)