盗まれた2021年版MacBook Proの回路図に新デザイン、Touch BarをなくしHDMIポート、SDカードリーダーなどが登場

盗まれた2021年版MacBook Proの回路図に新デザイン、Touch BarをなくしHDMIポート、SDカードリーダーなどが登場

AppleのサプライヤーQuanta Computerから盗まれた図面は、2021年に予定されている次世代MacBook Proモデルに関するAppleの計画の概要を示しており、追加ポートとMagSafeへの復帰の計画を明確に示しています

MacRumorsは、オンラインでリークされた回路図を見て、その一部に次世代MacBook Proのロジックボードが搭載されていることを確認しました

2021 MacBook Pro 00002

マシンの右側には、HDMIポートが見えており、USB-C/Thunderboltポート、そしてSDカードリーダーが続いています

左側面には、さらに2つのUSB-C/ThunderboltポートとMagSafe充電スロットが配置されており、USB-C/Thunderboltポートは現在の4つから3つになりました

AppleのアナリストであるMing-Chi Kuo氏やBloombergの噂では、これらのポートはすべて2021年のMacBook Proモデルに搭載されると言われていましたが、今回の回路図では、新しいポートの追加が確認されるとともに、その位置関係についても知ることができます

このMacのコードネームは「J316」で、今回公開されたロジックボードが16インチMacBook Pro用であることを示唆しています

また、「J314」というモデルもあり、これはAppleが開発中と噂されている14インチのMacBook Proに関連していると思われます

両機種ともに、新しいポート、MagSafe充電オプション、アップグレードされたApple製シリコンチップが搭載される予定です

スポンサーリンク


この情報は、AppleのサプライヤーであるQuanta Computer社の内部コンピュータにアクセスしたと主張する「REvil」というランサムウェアグループからもたらされたものです

2021 MacBook Pro 00003

このドキュメントには、ロジックボードのレイアウトとともに、MacBookのコンポーネントやレイアウトの深い技術的なリストが含まれており、それを解析することで、最終的にこれらのマシンに関する追加情報が得られる可能性があります

2021 MacBook Pro 00004

REvilは、Appleが5月1日までに身代金を支払わなければ、Quanta Computerから盗んだ追加の文書を公開すると脅しています、REvilは、Appleが料金を支払うまで毎日新しいファイルを公開する予定で、Appleはこの状況についてコメントしていません

Quanta Computer社は、確かに「少数のQuanta社サーバーへのサイバー攻撃」を受けているが、「同社の事業運営に重大な影響はない」と述べています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)