iPhone 13の5G mmWave対応モデルは、より多くの国で入手可能になる見込み

iPhone 13の5G mmWave対応モデルは、より多くの国で入手可能になる見込み

AppleのアナリストであるMing-Chi Kuo氏によると、Appleは今年後半にリリースされる「iPhone 13」で、5G mmWave対応のiPhoneモデルを世界のより多くの国で提供することを計画しており、より高速で新しい技術へのアクセスをさらに多くの顧客に提供すると述べています

Kuo氏は、次のように述べています

2020年には5Gスマートフォンの出荷台数が大幅に増加しましたが、そのほとんどがSub-6GHzにしか対応していませんでした。mmWaveは、より高速で低遅延というメリットがあるため、Sub-6GHzよりも多様なアプリケーションを生み出すと考えています


iPhone 12のmmWaveモデルは米国市場にしか対応しておらず、iPhone 12全体の出荷配分は30~35%程度です。iPhone 13のmmWaveモデルは、より多くの国で発売されるため、iPhone 13のmmWaveモデルの出荷比率は55〜60%と大幅に増加すると予測しています

Kuo氏は、2021年のiPhoneのラインナップでも同じアンテナデザインが採用されると予想しています

今月初めに発表されたDigiTimesのレポートでも、Kuo氏と同様の情報が掲載されており、Appleは今年、mmWave iPhoneの出荷台数を増やす見込みであると述べられています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)