米国Apple Storesでは、4K以外の製品と4K製品の両方の21.5インチiMacで供給の問題が発生

米国Apple Storesでは、4K以外の製品と4K製品の両方の21.5インチiMacで供給の問題が発生

21.5インチiMacは、4 K以外のモデルと4 Kモデルの両方で、米国内のApple Storeでの在庫が減少しており、4 K以外のモデルのオンライン注文の出荷日は少なくとも1週間遅れています

ほとんどのApple Storeでは、標準的な21.5インチのiMacが受け取り不可と表示されています

16GBのRAMと1TBのFusion Driveストレージを搭載した上位機種は、現在完全に引き取りを停止していますが、配送は可能です、いずれの構成であっても、Appleは出荷までに少なくとも5〜7営業日かかるとしています

4Kディスプレイを搭載した上位機種の21.5インチiMacも、全国の一部の店舗で在庫不足が発生していますが、概ね在庫は残っています

大型の27インチiMacは通常通り販売しています

Appleは先月、標準的な21.5インチiMacの2つの構成を廃止しており、新たな在庫を確保している可能性があります

Appleは、より高速なApple Siliconチップを搭載した全く新しいデザインのiMacを開発していると噂されていますが、具体的な発売時期は不明です

来週4月20日(火)には、Appleのイベント「Spring Loaded」が開催されますが、このイベントでデザインを一新したiMacがデビューするかどうか、わかっていません

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)