Apple、Apple Musicのストリーミング支払いでアーティストに書簡を送る

Apple、Apple Musicのストリーミング支払いでアーティストに書簡を送る

平均的な再生レートは1ストリーミングあたり0.01ドルだとしていますが、地域やApple Musicの割引プランによって異なる具体的なストリーミングレートの内訳は書かれていませんでした

Apple Music Insights:ロイヤリティ

2003年にiTunes Storeを立ち上げて以来、私たちは何百万人ものアーティストやソングライターが音楽で生計を立てられるよう支援してきました

ストリーミングのロイヤリティに関する議論が続く中、私たちの価値観を共有することが重要だと考えています

私たちは、すべてのクリエイターに同じ料金を支払うこと、1つのプレイには価値があること、そしてクリエイターがフィーチャリングのためにお金を払う必要があってはならないことを信じています

つまり、Apple Musicが同じ料金を支払うことを知っていれば、アーティストは好きなように音楽を配信することができます

ソングライターがいなければ、レコードは存在しません

Apple Musicでは、世界中のテイストメーカーのチームが3万件のエディトリアルプレイリストを手作業で作成しています、これらのテイストメーカーは、メリットに基づいて音楽を選択しており、特集を組む代わりに低いロイヤリティ率を受け入れるように要求することはありません

Apple Musicのパーソナライズされたプレイリストやアルゴリズムによる推薦についても同様です

スポンサーリンク


こうした価値観に基づいた取り組みの結果、Apple Musicは2020年、2019年よりも100万人以上多い、世界中の500万人以上のレコーディングアーティストにロイヤリティを支払いました

また、カタログが年間100万ドル以上の録音・出版印税を生み出したレコーディングアーティストの数は2017年から120%以上増加し、カタログが年間5万ドル以上を生み出したレコーディングアーティストの数は2倍以上に増えました

私たちの分析によると、これらはアーティストへの影響を変化させた限定的なロイヤリティの再分配をもたらすことになります、むしろ、これらの変更は、ロイヤリティを少数のレーベルにシフトさせる一方で、あらゆるクリエイターに対する透明性を低下させることになります

Apple Musicでは、アーティストとソングライターに焦点を当て、すべてのクリエイターが音楽で生計を立てるための新しく革新的な方法を模索しています

Apple Musicでは、世界中の音楽ファンが途切れることのない広告なしの体験を楽しむことができます、また、彼らのデータは非公開で、音楽体験全体を向上させるためにのみ使用されます

スポンサーリンク


Appleは、1ストリームあたり平均平均0.01ドルの支払いを行っており、「すべてのクリエイターに同じ料金を支払うことを確信している」と述べていますが、アーティストが1ストリームあたりどのくらいの金額を受け取っているのか、またAppleのファミリープランや他の国での購読料の低下が支払いにどのように影響するのかは、まだ明らかになっていません

また、Appleのファミリープランや他の国での契約率の低下が支払いにどのような影響を与えるかについても不明です

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)