iPhone 13のベースモデルは斜めのリアカメラレイアウトになる?

iPhone 13のベースモデルは斜めのリアカメラレイアウトになる?

インドのテクノロジブログMySmartPriceは、同社がiPhone 13のベースモデルになると主張するモデルの3D画像を入手し、見慣れたデザインに小さなノッチや新しい斜めリアカメラのレイアウトなど、いくつかの注目すべき変更を加えたことを明らかにしました

Webサイトによると、この画像は無名の「業界関係者」から入手したとのことです

より小さなノッチは、iPhone 13シリーズ全体で既に何度かうわさされているが、6.1インチディスプレイを搭載する標準的なiPhone 13にリアカメラが斜めに配置される可能性があるという情報を耳にしたのは今回が初めてです
2021 04 13 22 42 23
これに対し、iPhone 12の標準モデルに搭載されているWideとUltra Wideのデュアルレンズは縦に配置されています


リアカメラがなぜiPhone 13に斜めに配置されるのか、あるいはデザインがiPhone 13 miniにまで拡張されるのかは不明ですが、iPhone 13モデルにはカメラ関連の変更がいくつかあり、おそらく変更が必要になるだろうとうわさされていいます

例えば1月には、サプライチェーンのニュースサイトDigiTimesが、センサーシフト光学式手ぶれ補正機能がiPhone 13全機種に拡大されると報じていました

MySmartPriceは、今後のApple製品のレンダリングに関しては実績がないので、他の情報源からの裏付けが得られるまでは懐疑的に扱うべきです

(Via MacRumors.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)