Apple、AndroidにiMessageを導入しない理由を法的文書で明らかに

Apple、AndroidにiMessageを導入しない理由を法的文書で明らかに

AppleがiMessageをApple端末に独占的に提供し続けるために十分大きなセールスポイントだと考えていることは明らかですが、Epic Games社が同社との間で進行中の訴訟で提出した新たな裁判資料により、Apple社の幹部がiMessageのAndroid版を開発しないという決定をどのように説明しているかが明らかになりました

Epicは、Eddie Cue氏、Craig Federighi氏、Phil Schiller氏のEメールや宣誓証言の抜粋を使用して、Appleが顧客を自社のエコシステムに囲い込もうとしているという主張を強めています

Appleは2013年の時点で、iMessageのAndroid OS向けバージョンを開発しないことを決定していました。App Storeを担当するAppleの幹部であるPhil Schiller氏は、AppleがAndroid端末でiMessageを提供すべきではないと同意していました

2016年に元Apple従業員が「Appleのユニヴァースアプリから離れるのが最も難しいのはiMessageだ」とコメントしています

スポンサーリンク


Schiller氏は、「iMessageをAndroidに移すことは、私たちを助ける以上に私たちを傷つける」 とコメントしました

Cue氏のコメントが示すように、Appleは早ければ2013年にもiMessageのAndroid版を開発することができたが、そうしないことを選択しました

2016年には、Appleがサービスに力を入れていることから、Androidスマートフォン向けにiMessageのバージョンを発売するのではないかという噂が流れましたが、Appleの上級幹部は、Appleのデバイスでのみ動作する優れたメッセージング・プラットフォームを持つことで、それらのデバイスの売上に貢献することを認めて、これらの噂を否定しました

Appleはまた、EpicGamesがFortniteへの関心を復活させるために訴訟を利用していると主張する裁判所にその主張を提出しました

Appleは、Android向けのGoogle Playストアで、「Apple Music」、「Move to iOS」、「Beats」(Beats社製品とAndroid端末をペアリングするためのアプリ)などのアプリを配布しています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)