Apple、検索結果を改善するためにAppStoreでフィルタータグを展開

Apple、検索結果を改善するためにAppStoreでフィルタータグを展開

Appleは、検索エクスペリエンスを改善する取り組みの一環として、AppStoreへの注目すべき変更をテストしているようで、まだ完全には展開されていませんが、一部のiPhoneユーザーは、人気のある用語を検索するときにAppStoreにタグが表示されるようになりました

ここ数週間の一部のiPhoneユーザーは、「写真」や「壁紙」などの人気のある用語を検索した後、AppStoreでタグが表示され始めました

App Store search results 00002

たとえば、「写真」を検索した後、選択できるタグには、「コラージュ」、「編集者」、「ストレージ」などがあります

タグをタップすると、それに応じて検索結果が表示されます、例えば、ユーザーが「写真」を検索し、「コラージュ」をタップすると、写真のコラージュを作成できるアプリに検索結果が絞り込まれます、場合によっては、2番目のタグを選択して、上記のように検索結果をさらに絞り込むことができます

現時点では、米国内の少数のユーザーにしかタグが表示されていないようです

スポンサーリンク


タグを見た多くのユーザーはiOS 14.5ベータを使っているが、あるユーザーはiOS 14.4.2で見たと言っているので、タグはサーバー側の変更で、ゆくゆくは複数のiOSバージョンのユーザーに拡大される可能性があります

Appleのウェブサイトによると、App Storeの訪問者の70%が検索を使ってアプリを検索しているため、検索タグは多くのユーザーにメリットをもたらすはずです

Appleは2016年に「検索広告」を導入ししました、開発者はこれにより、アプリとユーザーの検索クエリとの関連性などに基づいて、自分のアプリリストを検索結果の上部に表示することができます

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)