ATTの発表に先立ち、AppleはiOSに搭載されている他のプライバシー保護のための広告技術をアピール

ATTの発表に先立ち、AppleはiOSに搭載されている他のプライバシー保護のための広告技術をアピール

Appleは本日、新しいレポート「あなたのデータの一日」を発表し、ユーザのプライバシーを保護するための取り組みについて最新の情報を公開しました

この新しいレポートでは、ターゲット広告がユーザのプライバシーに与える影響を管理するためにAppleが使用している舞台裏の技術に焦点を当てています

これは、今春の「App Tracking Transparency」の開始に先立つものです

今回のレポートは、Appleの「あなたのデータの一日」の第2弾となります、「あなたのデータの一日」の新バージョンでは、Appleの目標に基づいて、詳細が新たに示されています

ここでAppleは、広告オークションや広告の属性など、ターゲット広告の仕組みを詳しく説明しています

「広告オークションのプロセスは一瞬のうちに行われるため、買い手と売り手の両方が、広告枠やディスプレイ広告の入札のために個人データを収集、交換、使用します」とAppleは説明しています

スポンサーリンク


一方、広告アトリビューションとは、広告主が、ユーザーが広告を見た後の行動を追跡し、その広告のパフォーマンスを評価することです

しかし、この情報は、ユーザーやデバイスレベルのデータを共有しないように設計されているため、広告主はユーザーを追跡することはありません

iOSおよびiPadOS 14.5のアプリケーション向けのプライベートクリック測定では、広告主は、デバイス上の処理を利用してデータ収集を最小限に抑えながら、ユーザーをウェブサイトに誘導する広告の効果を測定することができます

ユーザーがアプリ内の商品の広告をクリックした後、ウェブブラウザ自体が、プライベートクリック測定を使用することで、広告主に対して、ユーザーが広告をクリックし、その結果、ウェブサイトへの訪問や購入などの特定の結果につながったという情報を提供することができますが、具体的に誰が広告をクリックしたかという情報は提供されません

(Source Apple , Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)