将来のSiriは、環境条件、ユーザー入力に基づいて音声を調整する可能性が

将来のSiriは、環境条件、ユーザー入力に基づいて音声を調整する可能性が

Appleは、Siriが必要に応じて大声や小声で対応できるように、環境の騒音レベルやユーザーの声のパターンを検出する方法を研究しています

Siriはこれまで、ライバルとの機能的な同等性を欠いているとの批判が多かった。HomePodの発売中止により、スマートアシスタントが10歳の誕生日を迎えるにあたり、Siriは再び注目を浴びることになりました

現在、Siriは、部屋がどんなに騒がしくても、どのようにコマンドを出しても、同じ声、音量、抑揚で応答します

Alexaのような他の音声アシスタントは、コマンドが静かに与えられたときに、音量を下げて「ささやき声」で応答できます

Siriにはこの機能がないため、時には耳障りな音量でコマンドに反応することもあります、Siriは、部屋の騒音、デバイスの位置、ユーザーとの距離などの影響を考慮して応答音量を決めることができるようになるでしょう

スポンサーリンク


Appleは、デバイス上のプロセッサが、ユーザーの声のトーン、抑揚、コマンドの音量を聞き取ることを提案しています、これらを考慮すると、ユーザーが深夜にSiriに小声でコマンドを送ると、静かなレスポンスが返ってくるかもしれません

大きな音がする環境では、Siriはゆっくりと、しかし確実に理解されるように大きな声で応答します

Siriの音声は、声優から得た合成音声を使用しています。iOS 14.5では、より人間らしい話し方をする2種類の英語音声が追加されています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)