Appleは2016年以降、主要ライバル企業よりも多くのAI企業を買収

Appleは2016年以降、主要ライバル企業よりも多くのAI企業を買収

Appleは長年、最新の人工知能(AI)や機械学習技術を製品に取り入れるという点で、GoogleやFacebookなどの他の巨大企業に遅れをとっていました

しかし、それはこの半世紀で変わりました、GlobalData社が発表したデータによると、2016年から2020年の間に、最も多くのAI企業を買収したテクノロジー企業はAppleでした

Appleは、Google、Microsoft、Facebook、Accentureといった、この分野で多数の買収を行っている企業を抑えて、AI企業を買収しました

多くのAI企業を買収

Appleが買収した企業には、Emotient、Tuplejump Software、Turi、Flyby Media、Glimpse、Lattice Data、Pop Up Archive、RealFace、Shazam、DeskConnect、Silk Labs、Drive.ai、Asai、Inductiv、Subverse、XNOR.aiなどがあります
GlobalData
リストによると、Appleは年平均で約5件の買収を行っており、2017年は最も忙しい年で、7件のAI買収が報告されています。この間、Appleは合計で約25社のAI企業を買収しています

スポンサーリンク


しかし、Appleがすべての買収を公表していないということは、Appleウォッチャーが気づかないうちに買収されていた企業があるかもしれないということです

GlobalDataのテーマ別調査チームのシニアアナリストであるNicklasNilsson氏は次のように述べています

Appleは、GoogleやAmazonに追いつくために買い物をしまくっている。Siriは最初に発売されましたが、「スマートさ」という点では常に2社よりも下に位置しており、スマートスピーカーの販売でAppleが大きく遅れをとっている理由のひとつとなっています。また、Appleはウェアラブル分野での確固たる地位を維持したいと考えています。スマートウォッチでは圧倒的な強さを誇っています。昨年のXnor.aiの買収は、最先端の処理能力を向上させるために行われましたが、これはデータをクラウドに送る必要がなくなり、データのプライバシーを向上させるために重要になっています

AIレースに勝つための試み

AI企業を買収するだけでは、もちろんAppleがAIレースに勝つ保証はありません

しかし、この数の買収と、2019年に生成的敵対的ネットワーク(GAN)のパイオニアであるIan Goodfellow氏のようなトップレベルのAIエンジニアを継続的に採用していることを合わせて考えると、Appleがこの技術の極めて重要な分野で競合他社に追いつきたい、そしてもしかしたら追い越したいと考えていることがわかります

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)