iPhone 13のフロントガラスが小さなノッチを明らかに、イヤホンはトップ・ベゼルに移動

iPhone 13のフロントガラスが小さなノッチを明らかに、イヤホンはトップ・ベゼルに移動

「iPhone 13」 モデルには、より小さなノッチが搭載されると広く予測されいますが、そのデザインを初めて見ることができました

ギリシャの修理業者「iRepair」がMacRumorsに提供したとされる写真には、iPhone 13と同じ5.4インチ、6.1インチ、6.7インチのディスプレイサイズを搭載するiPhone 12モデルの前面ガラスパネルが写っています

イヤピーススピーカーが上部ベゼルに移動した結果、各iPhoneのノッチは明らかに小さくなっています、このデザインの選択は、昨年iPhone 12モデルで初めて噂されたが、実現には至りませんでした

AppleのアナリストであるMing-Chi Kuo氏をはじめとする複数の情報筋は以前、iPhone 13モデルではFace IDのコンポーネントがいくつか統合され、ノッチが小さくなると述べていましたが、イヤホンの位置が変更されることには言及していませんでした

スポンサーリンク


2017年にiPhone Xに搭載されて以来、ノッチのデザインは変わっていません

Kuo氏は、今年ノッチを小さくしたAppleは、SamsungのGalaxy S21などの最近のスマートフォンに似た、少なくとも2022年モデルのiPhoneにパンチ穴方式のディスプレイを採用する計画であり、2023年には、ノッチや穴がなく、ディスプレイ下部に指紋スキャナが搭載された真の全画面デザインの iPhoneが登場する予定だと述べています

ノッチ以外では、iPhone 13モデルはiPhone 12モデルと実質的に同じデザインになると予想されており、主な新機能としては、Proモデルでの120Hzディスプレイ、より大容量のバッテリ、より高速なA15チップ、カメラの改良が含まれるとうわさされています

Appleは、iPhone 13ラインアップを9月に発表し、通常の発売時期に戻ると予想されています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)