Tim Cookは、パンデミック後の復帰がApple Parkで機能するのを「待ちきれません」

Tim Cookは、パンデミック後の復帰がApple Parkで機能するのを「待ちきれません」

COVID-19でのワクチン接種が続く中、Appleの最高経営責任者 (CEO) であるTim Cook氏は現在、Apple Parkでの仕事に戻ることについて強気の見方をしています

「私の直感では、コラボレーションは必ずしも計画的な活動ではないので、私たちにとっては、物理的にお互いに連絡を取り合うことが依然として非常に重要だと思います」とPEOPLEに語っています

「イノベーションは常に計画的に行われるものではありません」とクックは付け加えます、「一日の中でお互いにぶつかり合い、思いついたアイデアを進めていくものです、そのためには、一緒にいる必要があります」と述べています

「私たちは、ZoomやWebEx、あるいはFaceTimeなど、あらゆる手段を使ってバーチャルに行うことが最適なものがあることに気づき、学びました。だから、少しずつハイブリッドな環境にしていこうと思っています」と遠隔地での仕事を続けることも可能だと、Cook氏は付け加えます

スポンサーリンク


多くのスタッフが自宅で仕事をしている間も、会社のスピードは落ちませんでした

「振り返ってみると、シャットダウンが起こったのは3月中旬でした、その後、最初の5G iPhoneなど、非常に多くの製品を世に送り出してきました、また、MacにM1チップを搭載しました、これらは大きな、大きな成果です」と述べています

復帰の時期はまだ発表されていませんが、「全体的に、私たちは再び仕事に戻ると思い、私はそれが起こるまで待てない」と、Cook氏はその日を楽しみにしています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)